ハリのある垂れない旨を作るには

女性ホルモンの減少や加齢などの関係で、女性の胸の悩みも変わってきます。
特に、出産や授乳後なども大きな要因ですよね。

そこで、気になってくる悩みが

 

「胸が垂れる・ハリがなくなること」

ではないでしょうか。

 

1デコルテがえぐれるように、乳房が下の方に溜っている感じ。

2寝たら、でろ~んと横に流れてしまう。
3全体的に、ふにゃんと柔らかくハリがない。

4だんだん左右が離れていく

5太っていくのに胸は大きくならない、または小さくなっていくような気がする

 

思い当たる点、ありますか??
※イメージは志村けんのひとみばーちゃん(笑)

 

昨日は「垂れなくなる習慣」をお伝えしましたが

今回は、垂れる原因にフォーカスして、対策を見ていきましょう。

では、どうして胸にハリが無くなったり、垂れるのかというと…

まずは胸の構造の勉強から(笑)

乳房は、大まかに言うとバストの組織は、
「脂肪」「乳腺」「クーパー靭帯」「大胸筋」から成り立っています

 

さくらんぼ 脂肪
乳房内脂肪組織という、いわゆる脂肪です。大きな胸には脂肪が必要不可欠なので、バストが小さくて悩んでいる方は、一度脂肪をつけることも大切です。

 

さくらんぼ 乳腺
胸は「脂肪9:乳腺1」でできています。乳腺が発達しその周りに脂肪がつくようになっているので、乳腺が発達すると胸が大きくなります。一般的に乳腺は「エストロゲン」の作用によって増殖し、「プロゲステロン」の作用によって発達するといわれています。

さくらんぼ クーパーじん帯

乳腺を支える仕事をしているのが、クーパーじん帯と呼ばれる部分。
乳房をきれいな丸い形に保つ役割を担っています。
このクーパーじん帯が伸びたり切れたりすることで、垂れに繋がります。

クーパーじん帯は切れてしまうと、二度と(!)再生しないので、
胸が大きく揺れるような激しい運動は避けたり、揺れないよう固定しましょう。

さくらんぼ 大胸筋
大胸筋は胸の土台となって支えるための大事な筋肉で「理想のバスト」に欠かせません。いくら胸が大きくなっても、ある程度大胸筋を鍛えておかないと、せっかくの胸が垂れてしまい理想のバストにはなりません。

 

上差しちなみに、バストの柔らかいタイプの人と、かためのタイプの人がいますが、バストの柔らかいタイプの人は脂肪が多くついているタイプで、かためのタイプの人は乳腺が発達しているタイプです。

 

 

~ハリがなくなる・垂れる原因~
・大胸筋が衰えることで、クーパーじん帯が伸び垂れてしまう。

・皮膚の乾燥が原因で皮膚のハリがなくなる。

・ダイエットを繰り返すことで皮膚のハリが失われ、筋肉が痩せて垂れてしまう。

・過激な運動で、クーパーじん帯が切れて垂れてしまう。

と言われています。

 

要は対策としては

『胸が激しく揺れるような運動、無理なダイエットをせずに、

正しい食事、生活習慣、大胸筋の適度な筋トレ、常に潤いを与えマッサージをする』

ということです!

後半ハードル高い(笑)!!!
ですが対策はこれだけじゃないんです。

ということで…

Ojasではバストアップのために、自分では出来ないことをやります!!

(自分で出来ることは毎日のケアでやりましょう)

背中や肩甲骨、二の腕に散ってしまって固く凝り固まった脂肪を
温めてほぐし、さらに流して胸に移動させます。
胸に流したあとは、動きやすい脂肪をしっかり胸に収めてホールドさせます。

そのためのブラジャーの選び方着け方、が非常に大切になってきます。
もちろんマッサージや食事のアドバイスもさせて頂きます。
キレイな美胸は一日では出来ません。

日に日に美しく育って行く様子を想像しながら、長い目で楽しみながら
取り組んでほしいです。そのために、私たちは寄り添いますリボン

関連記事

  1. 理想的なシャンプーの回数

  2. 一日350g!!ハードル高い?

  3. 顔も胸も上を向いて!

  4. クレイパックで出す美容法

  5. 髪の自然乾燥が与える髪へのダメージ

  6. 美尻

  7. 頭皮の凝りとストレスの関係

  8. 頭皮の臭い対策

  9. 白髪を見つけた際に取るべき行動

  10. 簡単に出来る小顔マッサージ~首編~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。