髪の自然乾燥が与える髪へのダメージ

 

今回のテーマは「髪の自然乾燥の怖さ」についてです。

お風呂からあがってホッとひと息。

タオルを首にかけてビールでも飲んで、至福の時間~♪

しかし、髪は自然乾燥……

なんて、一息つきたい気持ちも分かりますが、

実はこの行動パターン、髪にとってはNGです。

濡れた髪というのはキューティクルが開いた状態です。

側がキューティクルが開いた状態の髪の毛

キューティクルが開いているとどんな事が起るのでしょうか?

①水分が抜け出しやすい

水分がなくなるとパサつきやうねりが強くなります。

また、寝癖もつきやすく、結果朝のスタイリングも苦戦することに。

②トリートメントなどの栄養が流れ出てしまう

せっかくたっぷり付けたトリートメントも、キューティクルが開きっぱなしだと、どんどん流れ出て、本来の効果が発揮出来なくなってしまいます。

つまり。

開けたら閉めよう、キューティクル。by.Rie

って事なのです。

 

さらに、髪が濡れたままいると、なんと頭皮が臭いやすくなってしまうのです!これは大変あせる

濡れたまま時間が経つと、頭皮は放置された濡れ雑巾のように雑菌が繁殖して、ニオイの原因にもつながります。濡れた雑巾と一緒ですよ!?これは怖い!

また、頭皮や髪に負担をかけている状態なので、抜け毛や白髪の原因にも繋がります。

お風呂から上がったらすぐドライヤー。

髪と頭皮のダメージを防ぐために、髪を洗ったらドライヤーで素早く乾かしましょう。

また、髪は乾くときに形状記憶されます。

さらさらとした手ざわりも、ツヤやかな見た目も、すべて乾かすときに決まります。

正しくドライヤーを使用することはダメージの予防にもつながります。

つまりドライヤーを正しく使えば、美しい髪が手に入るのです。

美髪が手に入るドライヤーのかけ方】

①しっかりタオルで水分を拭く

②髪の毛を毛先からブラシでしっかり梳かす

しっかり梳かしておく事で、髪の毛の余分な摩擦が軽減出来ます。

③頭皮から乾かす

毛先から乾かすと、完全に頭皮が乾いてないなんてことも。

まずは、しっかり頭皮を乾かしましょう。

その際、しっかり風が当たるようにドライヤーを90度にし、負担がかからないように頭皮から15センチ程離してドライヤーの風を当てましょう。

④髪の毛を軽く引っ張りながら乾かす

髪の毛を上から下に軽く引っ張りながら乾かす事で、キューティクルが整い、つやつやの仕上がりに。この時もオーバードライにならないようにドライヤーの風は15センチ程離しましょう。

⑤冷風を当ててキューティクルを閉め切る

最後に冷風を当てる事でキューティクルがピタリと閉まり、更にツヤ髪に。

また、ドラーヤー選びのポイントは風力の強いものがおすすめです♪

風量が弱いと、いつまでも髪を熱風にさらしてしまう事になるので、かえって髪に負担をかけてしまうのです。

毎日のほんのひと手間で美髪をGETして、周りと差をつけちゃいましょう。

先日の記事でもお伝えしましたが、美人になりたければ髪の毛です!

毎日のちょっとした事があなたを美人に導きます!

関連記事

  1. ハリのある垂れない旨を作るには

  2. 理想的なシャンプーの回数

  3. クレイパックで出す美容法

  4. 頭皮の凝りとストレスの関係

  5. 頭皮の臭い対策

  6. 白髪を見つけた際に取るべき行動

  7. 一日350g!!ハードル高い?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。